夕べ、グランパが息を引き取りました

おばあちゃんが亡くなったときも気丈に振舞ってたおじいちゃ
山菜採りで遭難しても二泊三日山で頑張ってました

そのとき、みんななんでかおじいちゃの周りに集まってて
おじいちゃは目をぱちくりさせたりうすく笑ってたそうです
そんで、ふと誰かが見るとおじいちゃは目をつぶってて
そのまんま、声も上げず
顔にシワ一つ寄せず
うすく笑ったまんま、そっと目を閉じたまんま
息をしてなかったって

親族を自然に周りに寄せてさ
和やかな雰囲気でのまさに大往生
さすがだよな おどぅ
すげーよ
生き様や人生を物語ってる

わたしの父のような存在で
憧れで
いつもすぅっと背筋が伸びてる人でした

最期の儀式に行きたかったな
諸々諸事情で青森県には向かえないのです
とても残念です