こないだ出かけた松本市入山辺ってトコで見つけたおもしろそうな場所

「薄川 第一水力発電所」

ggってみました

以下、松本ハイランドより

長野県内で運転を続けている発電所のなかで、最も古い発電所です。
明治32年12月8日に松本電灯蠅砲茲辰瞳設され、当時の出力は60kwでした。
発電した電気は「四柱神社」境内の電灯に送られ、松本平に初めての「電気の明かり」がともりました。
その後、改修工事を繰り返して、現在は390kwを発電しています。



へーーーーー!!!

松本電灯っていう電力会社があったのねー

現在、当時使われていたタービンが展示されてます

ノスタルジックな大きい鉄の輪

7 






















赤が映えてました

夏にまた来ようと思います♪



道路横の小さな畑に、収穫を忘れられたかわいい唐辛子

4 






























雪の中にあると、なんだか甘い実のように感じます




3






















手付かずの自然は心を豊かにしてくれます

里山に暮らしてるくせに、今住んでる場所よりも更なる自然を探す旅



5 

































ガイドブックには載っていない小さな滝は、あちこちに点在します

新しい発見のたびに覚醒し、帰り道は結構グッタリ

夜はグッスリ

ダイエットも順調

体重は、調子に乗ってピークから6kgも落ちてます
 
やっぱ冬は一番楽しい♪