ちょっとだけ(w)ミリヲタなワタシ

自衛隊のいいはなしを拾い集めて読むのがとても好き

今日は二回目になりますが、拾ってきた「自衛隊のいいはなし」を書いてみようと思います

原文から改行誤字脱字を直して記載しました




私たち親子は阪神淡路大震災の時、自衛隊のみなさんに大変助けて頂きました。
震災当時、私達夫婦には6歳になる息子があり、私は神戸市役所勤務、妻は保健婦として勤める共稼ぎをしておりました。
震災直後から二人とも職務に忙殺されていて、息子は保育所の先生とボランティアのケースワーカーの方に頼らざるを得ないような状況でした。
これは、私達夫婦がいない時に起こったことで、後になって、息子とお世話になった自衛隊員から聞いたことです。

震災のあと、二月に入ったころ、息子が近所の公園で遊んでいた時にかなり大きな余震があり、息子は「揺れ」にトラウマがあったためにその場で動けなくなっていました。
そばで給水活動をしていた若い自衛官が息子を抱き上げてくれたそうです。
息子はその自衛官の足にしがみついたまま震えていたと聞きました。
「お兄ちゃんがいるから安心しな」ってずっと抱きしめていてくれた、と後になって息子から聞きました。
給水活動の持ち場は、その人の上官が代わってくれたそうです。

このことは、私達はしばらくのあいだ知らないままでした。
息子が小学校2年生になったとき、「あのときのお兄ちゃんにあいたい」と聞かされ、そのときに息子を助けてくれた自衛官がいたことを初めて知ったのです。

本人の口から聞かされた「お兄ちゃん」のことは私達夫婦にとっても直接会ってお礼を言わなければならない人になりました。
その年の七夕の笹飾りに「お兄ちゃんに会いたい」と息子が書いたのを見て、私は息子の希望を叶えるべく人探しを始めました。
記憶をたどりながら、「たしか、、あの車には、第○××大隊、、と書いてあった」
防衛施設庁に電話をして事情を話すと極めて迅速に調べてくれました。
滋賀県にあるその部隊まで息子を連れて出かけました。
前もって電話でお願いしていたので、息子は「お兄ちゃん」との再会を果たすことができました。

会ったとたんに息子が飛びつき、「お兄ちゃん」も「大きくなったなー」と抱き上げてくれました。
息子が身体をぶつけてその嬉しさを表現しているのを見て、あの混乱の最中、父親として満たしてやれなかった部分を補ってくれたこの若い自衛官に頭が下がる思いでした。

息子は「お兄ちゃん」のことを「臭いお兄ちゃん」とずっと言っていました。
抱きついた時よほど汗臭かったのでしょう。
息子の言う「臭い」は決して悪い意味ではなく、憧れのようなものがありました。
そういえば、私達に炊き出しはしてくれても、あの人たちはカップラーメンを食べていた。簡易風呂も私達が先に入っていた。。。
涙が出ます、思い出して。
その息子も早高校生です。

今年の春は「お兄ちゃん」の婚礼に息子が招待されました。一人前にあつかわれた息子は嬉しそうでした。
自衛官の御一人御一人に感謝の言葉を言いたいです。







イラク・サマーワ基地の自衛隊が設営したテント群は、杭の位置や紐の角度まで全て寸分違わぬように統一されており、端から見ればロープは全て重なる状態だった。
これを見た各国の高級士官は、さすが日本の軍隊は士気が高いと絶賛した。






十年ちょい前の春先のこと。
アメリカのロッキー山脈のあたりで陸自と米陸軍の合同演習がありました。
「この場所からこの場所まで移動しろ」っての。
同じ演習だけど、陸自と米軍は別経路で集合地点まで向かいます。徒歩で。

・・・演習が開始したら、数十年ぶりの大寒波で、大雪・吹雪!
レスキューを飛ばそうにも、それすら出来ない悪天候。
米陸軍側には死者まで出る大騒ぎ!

「・・・はたして自衛隊は大丈夫だろうか・・・・」
米陸軍のレスキューは集合地点に向かった。
そこで、米陸軍の見たものは・・・

・・・そんな事故があったとはつゆ知らず、雪合戦をしてのんきに遊ぶ自衛隊の姿でした・・・
まあ、米陸軍が、個人で水や食料等の補給物資をあまり持たず輸送にヘリを活用してたとか、陸自が使い捨てカイロを持ってたとか原因は色々あったらしいのですが、米軍に「自衛隊すげぇタフだ!」と思わせたのは本当だそうだ。





地下鉄サリン事件時、築地駅の除染に出動した101化学防護隊+32普連の混成部隊「築地中隊」。
最先任だったK一尉(当時)は、完全防護の部下と共にサリンの除染を完了した。
しかし史上初の”化学兵器成分の除染”。
完全に排除できたかどうかには疑問がつきまとった。
空気中に除染しきれなかった、気化した残存成分が残っているかもしれず、それを恐れて駅員からの「もう安全ですか?中に入れますか?」との質問に答えあぐねていた。

空気中の気化物質を測定するには、専用の警報機が必要。
しかし、警視庁に優先貸与してしまい、手元にあるのは液体しか測定できない「検知紙」しかなかった。

・・・K一尉は、決断した。
「私が、行きます」

近くにいた防護服を着た消防隊員を二名指名し、「協力願います。もし自分が倒れたらすぐに担いで外へ出してください」と要請。
除染が済んだ地下鉄のホームへ再び下りていった。

K一尉はホームに立ち、防護マスクの首の部分を瞬間的に開いて再び閉じ、マスク内で深呼吸した。
・・・異常はない!
K一尉はマスクを脱ぎさった。そしてさらに深く深呼吸する。

完全防護の消防隊員は、防護マスク越しにK一尉を見つめる。
そして、K一尉の笑顔を見て安堵の笑みを漏らし、三人は頷きあった。

K一尉の「もう大丈夫です!」の叫び声の後、周囲からは一斉に歓声があがり、拍手の渦となった。






私がホテル勤めをしていた頃の話。

ある披露宴、新郎が海自の方でした。同僚や上司たちは制服で出席。
披露宴も御披楽喜に近づき、新郎のおじいさんの挨拶がありました。

自分は海軍にいた事。
孫が艦に乗っていることを誇りに思う事。
自分達の世代の不甲斐なさのせいで今の海上勤務の方達に苦労を掛けていると思う事。

たどたどしくですが、話されました。
同僚たちは知らなかったらしく、酔っ払っていたのが段々背筋が伸びていき、神妙に聞き入っていました。
挨拶が終わり、高砂の席の一人が新郎に「何に乗っておられたのだ」と尋ねると、新郎は小声で「大和です」。

それを聞いた海自組一同、すっ転ぶような勢いで立ち上がり全員直立不動で敬礼を送っておられました。
おじいさんも見事な答礼を返されておられました。






今日はこの辺で

有名な記事や投稿なので、知ってる方はたくさんいらっしゃると思いますが・・・(汗

自衛隊のいいはなし、もっともっとあります

次回をお楽しみに☆ 


余談

10式超萌える

今年のソーカエン、当たるといいなー 

10